沿革

会社沿革

明治43年3月25日
初代松𠮷弥三郎(現社長の曽祖父)が、京都市中京区烏丸竹屋町下るに松𠮷商店を開き、和紙・美術書籍・染色材料の小売を創業。
昭和12年
二代目松𠮷藤吉が引き続き現在地、京都市中京区烏丸丸太町南入るにて営業。
昭和26年
三代目松𠮷恒雄(現社長の父)が戦時下統制の為休業していた松吉商店を再開。和紙・染色図案材料・画材を販売開始。
昭和38年
ポスターカラー絵具・図案用染料カラーインクの製造を開始。
昭和54年6月21日
株式会社マツヨシテナントビル管理会社を開始。画材業務を分離独立。画材業務を株式会社松𠮷画材に改組。
昭和60年10月
松𠮷隆夫が株式会社松𠮷画材の四代目社長に就任。
昭和62年8月
グラフィック部門を開設。カラーコピー・クロマテック等グラフィック加工を開始。
平成元年7月
グラフィック部門にMacintoshⅡを導入。コンピューターによるインプット・アウトプットサービスを開始。
平成20年
イタリヤ・バリヤーニ社製マットカッターを導入。コンピューターによるマット加工サービスを開始。
平成22年6月
画材販売をビル2階に移動。1階部分に烏丸丸太町駐輪場を新設。

フォトギャラリー

烏丸通り丸太町上ルより南を見る。左手は御所の土手。(明治43年11月撮影)

松吉画材本社全景(昭和40年頃)

株式会社松𠮷画材
〒604-0861
京都市中京区烏丸通丸太町南入
電話 : 075-222-1223
FAX : 075-251-0101
営業時間
月~土 9:00~18:30
日・祭 10:00~17:00
定休日 不定休